愛犬との別れ・・・ボディーランゲージの大切さ

コラム その他 2017年8月10日 

文:B-Paws 中沢俊恵

【愛犬との別れ】
誰かと誰かが出会った瞬間には同時に別れの瞬間も確定していて、残念ながら例外はなく私と愛犬にも当てはまりました。

2017 年の夏の訪れは早く、そして猛烈に暑く、年齢を重ねた大きな犬には特にしんどい夏となりました。
愛犬2私の愛しい愛しい、自慢の、世界一の愛犬「Django」はこの世を去りました。
急死でした。

私は過去最高に周囲がドン引くほど泣きました。
数日間ほとんど飲まず食わずで泣き続け、自分が摂取し ている水分よりも汗涙鼻水として出ていく水分が上回っていると気付いて、そんな自分に少しだけ笑いました。
私と愛犬の過ごしてきた時間の中に“後悔”は、ほぼありません。

遅かれ早かれ必ず別れの時がくるとわかっていても、愛犬との死別を何度経験しても、愛犬の死と云う現実の受け入れは容易ではありませんが、そうした中で私と愛犬の日々への後悔は皆無であり、「後悔がない」 と言えることをとても幸せだと感じています。

【ボディランゲージの大切さ】
後悔が少ない理由、それは恐らく、私と愛犬の間にあった時間が一方通行の幸せではなかったと言い切れる自信があるからでしょう。
愛犬との日常生活の中でなにげなく積み重ねてきたことが、その自信に繋がっています。
些細な愛犬の仕草や行動から愛犬の心の機微を読み取り、応え、伝えあってきました。
現在、犬のボディランゲージはだいぶ身近なものとなっていますが、日常生活やトレーニングに於いて実際にどれほどボディランゲージが活かされているのかというと、残念ながらその数字はあまり高くないように感じます。
活かさなければ、それは「知らない」のと大差がない!と私個人はそう思うのですが・・・。

犬のボディランゲージを知るということは、“犬”という動物を知るための行動学のひとつです。
そして、ボディランゲージを活かすということは、犬の心身の健康を大切にする動物福祉のひとつです。

ボディランゲージから犬の気持ちを汲み取り応えることで、犬は「伝わる」ことを実感し、活き活きとします。
自然と信頼関係が築かれ、その結果に犬が無理なくこちらの提案を受け入れてくれるようになります。
問題行動の予防にも大いに役立ってくれますので犬を叱りつけたりすることもなくなり、犬との関係は更に良好になっていきます。

犬を育てて共に暮らしていくうえで大切なのは“予防”なのですから!

【ヴィベケ・S・リーセから学んだボディランゲージ】
犬のボディランゲージを深く知りたいと云う方にも、そうでない方にも、私はヴィベケ・S・リーセのボデ ィランゲージ本をお薦めしています。
ヴィベケの本を見て、まず「犬ってこんなにボディランゲージでコミュニケーションをとっているのか!」と知って欲しいのです。
できればそこから更に、
「自分の犬への接 し方が犬のボディランゲージの発信を妨げていないだろうか?無視していないだろうか?愛犬はどんな気 持ちでいるのだろうか?」
と興味を持ち、思いを巡らせてみてもらえたらいいなぁと。

ヴィベケはボディランゲージのスペシャリストですが、ボディランゲージだけの人ではありません。
彼女のメソッド(RPTM)は“予防”することの大切さを訴えており、ボディランゲージはそのなかの一環でしかありません。
ヴィベケのメソッドは動物行動学の幅広い知識と技術があるうえに成り立っているものなので、私は個人的にとても信頼していますし、もっと日本に根付いていけばいいのにと願ってやみません。

好きな人や大切な人がいたら、相手のことをもっと知って幸せにしたいな~と思いませんか?
単純にそんな感覚で愛犬のことをもっと知りたいと突き詰めていったら、私と愛犬は幸せで溢れかえる後 悔のない日々を過ごせていたのです。
愛犬との別れはこの世の終わりに匹敵する悲しみだけれど、それでも心を通わせて過ごす時間はそれとは 比較にならないほど素晴らしいものです。
犬の世界、犬の言葉(ボディランゲージ)に、みなさんも是非 触れてみてください。

犬と人が幸せな時間を共有できますように。

ヴィベケ・リーセさん紹介(Vibeke Sch.Reese )

中沢俊恵 Toshie Nakazawa http://b-paws.com/
<取得資格>
・日本ドッグトレーナー協会 A級ライセンス
・国際資格 CCPDT認定 CPDT-KA
・愛動物福祉協会 愛玩動物救命士
・JKC 愛犬飼育管理士