地震発生前に犬がとる異常行動

犬の知識 2016年4月16日 

熊本地震で被災された方にお見舞い申し上げます。
また1日も早い復興を心より願っております。
ある団体が阪神大震災後に行った飼い主に対する調査で、イヌの25%以上が地震前に異常行動をとったそうです。
ではどんな異常行動をするのでしょう。
この異常行動を察知することで、大地震を予知できるかもしれません。

gatag-00013087

そこで、検索して調べてみました。
そうすると大体このような異常行動でした。

・異常に鳴く・吠える
・悲しげに鳴く
・遠吠えする

・子供をくわえて外へ出ていく
・怯えた様子を見せたり、震える
・穴を掘ったり、逃げようとする
・急におもらしをするようになる。

・餌を食べない
・嘔吐・下痢

・寝ている飼い主を起こす
・飼い主の言うことを聞かない
・飼い主に噛みつく
・飼い主を外に連れ出す
もちろんこのような行動は普段でも見られる行動ですが、
いつもより異常に上記のような行動を起こす場合は、1週間位のうちに大地震が起こる可能性があるとか。

普段から、災害時の荷物をまとめたり、どのように行動するか家族と話し合うなどの対応が必要です。

なお避難所には、通常ペットを連れ込むことができません。
日ごろからゲージ、クレート(持ち運びできるかご)に慣れさせておきましょう。